Home

atelier LOGHOUSE

CAFE deux poissons(恵比寿)

コンテンポラリージュエリーのギャラリー deux poissonsのカフェ、CAFE deux poissons(恵比寿)での開催です。

「花の色しりとり」

EVENT DATA

日時:2018.8.5 . sun. 13:00-14:00

場所:CAFE deux poissons

住所:150-0013 東京都渋谷区恵比寿2-3-6

対象:未就学児から大人までどなたでも

申し込み:niitsuma@deuxpoissons.com

件名に「松尾郁子ワークショップ参加希望」、お名前、お子様は年齢も明記の上お申し込みください。

2歳~10歳未満のお子様は保護者の方と一緒に参加して下さい。

ご予約の際、保護者の方が参加もしくは見学のどちらかをご明記ください。

2名様以上の参加の際もお名前頂戴いたします。

応募多数の場合は先着順となりますのでどうぞお早めにご応募ください。

持ち物:水彩絵の具を使用のため、汚れてもいい服装またはエプロン

サイズ:八切りサイズ(271×391mm)の画用紙

定員:8

費用:3240円(内税)(一名 材料費込み) 親子ペア4320円(内税)(二名 材料費込み)

個数:その場で描いていただいた絵とお花をブーケにして持って帰っていただけます。

タイトル:花の色しりとり

内容:伝統的な日本画で使われる岩絵の具を使いジュエリーを展開するmatsuo ikukoによる、色を楽しむワークショップ。

水彩絵の具を使って、花の色から色へ「しりとり」をテーマに展開。

デザイナーが用意する様々な草花を使い、色を作り、花のネックレースのようなドローイングが完成します。

次はどこの花へ行こうかな? まるで蝶々になった気分で楽しめるワークショップです。

メールでの予約の折、niitsumaのところ

i2つです。ご注意下さい。

電話でのご予約も可能です。

03-5795-0451になります。

ワークショップ参加希望と言っていただければスムーズです。

#cafedeuxpoissons #matsuoikuko #atelierloghouse #ws#summerflowers #workshop

松尾郁子

IG   https://www.instagram.com/matsuoikuko/

担当 松尾郁子 「水たまり・ツナガル カタチ!」

土曜こども&おやこ25・27(夏休み企画・自由参加)

日曜こども&日曜おやこ26・27(夏休み企画・自由参加)

水たまりのかたちをつなげていきましょう!

どんな水たまりになるのかな?

27日は模造紙にみんなで水たまりをつなげていきます14時から16時の間に開催します。

2時間中お好きな時間にお越しください。

8月の担当中は大阪にいますので受験デッサン相談も承ります。

個々、ご連絡ください。

延期のお知らせ

先月に引き続き残念ではありますが、止むを得ず、7月稲垣先生のワークショップは大雨の影響を考慮し、後日振替延期にすることにいたしました。

尚、振替日につきましては近日中にご連絡、HP掲載いたします。

今月末の安藤先生の授業は開催予定です。

取り急ぎ、今週末のお休みのご連絡のみ、失礼致します。

matsuo ikuko 水たまりのカタチ・ワークショップ  7月 東京

ワークショップ2店舗、その内1店舗では展示もさせていただきます。

matsuo ikuko

水たまりのカタチ・ワークショップ

EVENT DATA

日時:2018.7.14.sat  10:30-11:30

場所:BOX&NEEDLE

住所:東京都世田谷区玉川3丁目12−11

URLhttp://blog.boxandneedle.com/?eid=2109

お問合せ:03-6411-7886

日時:2017.7.25.wed.  11:30-12:30 or 13:3n0-14:30

場所:cikolata チコラータ

住所:東京都杉並区 西荻南1-18-10

URLhttp://cikolata-cikolata.com

お問合せ:03-5370-8222

二子玉川と西荻窪の二つの魅力的な店舗で開催します。

水彩絵の具で画用紙の上に水たまりを描き、色の追いかけっこをつくります。

夏にぴったりな涼やかな課題、楽しみましょう。

ぜひ、ご家族揃ってご参加ください。お子様だけではなく、

親子並んでそれぞれの紙で制作することがオススメです。いつもとは違う時間が見えてくるはず。

チコラータでは7/7(sat)-7/29(sun)の期間、matsuo ikukoフェアも開催します。合わせてご覧ください。open(fri.sat.sun)

講師:松尾郁子

対象:未就学児から大人までどなたでも

未就学(2歳~)のお子様は保護者の方と一緒に参加して下さい。

持ち物:水彩絵の具を使用のため、汚れてもいい服装またはエプロン

サイズ:八切りサイズ(271×391mm)の画用紙

費用|お一人 2,160円(税込)

個数|1

チコラータさんではmatsuo ikukoフェアも開催します。

ぜひ、お立ち寄り下さい。

IG https://www.instagram.com/matsuoikuko/

壷中の天 〜版画に挑戦〜

いつもそばにあるものを ぺったん ぺったん 貼ったら

絵の具をのせて 刷ってみよう!

::

生活の中にある素材を版(ダンボール)に貼り付け、紙(画用紙、半紙など)に刷るとそこには新しい世界が広がります。

::

高学年から一般の方は稲垣先生の用意してくれた後漢書からさらにイメージを膨らませていきましょう!

::

何かに誘われて、壺の中に入ってみるとそこは、花が咲き、鳥が鳴き

真っ青な青空が広がる別世界だった・・・「壺中の天」後漢書より

日常のすぐ近くに広がる別世界てどんなところでしょう? もしも、身近な入れ物のの中に別世界が広がっているとしたら、そこはどんなところでしょうか?::

::

・材料 紙、表面が凹凸があるもの

・生徒持ち物

1.版にするダンボール(A4くらい)

2.触り心地、テクスチャー面白い物

(アルミホイル、レースの切れ端、目の粗い布、ネット、葉っぱ、タコ糸など)

4.新聞紙

5.ボロ布(版のふき取りに使います。綿素材が望ましい)

::

稲垣先生より

壷中の天 をもとに身近な素材が作品の一部になることと、もしもその中に世界が広がっていたら?というところを想像して一緒に作ってていけたら、と思っています。

::

稲垣先生のご紹介はこちら

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top