Home > Archives > 2010-02

2010-02

手紙の準備 WS

   

篆刻印を使って、大切な誰かにおくる手紙の準備をしませんか?
 
2010年3月27日(土)/3月28日(日) 14:00~17:00 篆刻印と便箋・封筒づくり 
3000円(材料費込) × 2DAYS (どちらか1日だけの参加も可能です)  お茶とお菓子付
 
講師には もじいん 松居かおりさん をお迎えします。
1日目 ●点と線の印● 石に刻む点や線の魅力を探りながら、便箋と封筒をつくります。

2日目 ●文字印● 1日目で体験したシンプルな線を生かして、文字印をつくります。
 

 

 石を彫る篆刻はシーリングワックスを使用することも可能です。

 

 
※ ワークショップ参加募集項目から、一部変更がございます。
編集機能の不具合により、こちらのブログより訂正させていただきます。
ご不便をおかけいたします。どうぞよろしくお願いします。

おコメピアス

お母さんのデッサンについてきてくれました。

お米のピアス、ぷらーん。

かわいいのでそのままに。

お母さんがはさみを使っていたので、一緒に、ちょいと挑戦。

お昼には、幼稚園から帰ったお姉ちゃんがクリームチーズクッキーを届けてくれました。

ポワンとあたたかな冬の一日でした。

シュリンク革で作るペンケース

今度のoutes& imutamさんのWSは、初登場!

厚みのあるやわらかなシュリンク革を使ったペンケース。

 革かばんとは違って二本の針を使います。

詳しくはコチラ

ご予約は先着順メールにて、承ります~。

春節ワークショップ

2月14日。

アトリエでは、中国のお正月春節のワークショップを開催しました!

peaceful space さかたひさこさん  と ことばと人の松本朋子さんのコラボレーションWS。

大陸の冬を、家族で集い温かに過ごす大切なお正月。

ようこそのウェルカムティー、金柑ダージリン。

春節ってなあに?から始まって、台所の神様、使われる食材の意味etc…を一つ一つ丁寧に、松本ハカセに説明していただいて。

皆さんの前にはシュンシュン蒸気の上がる土鍋。

隣の部屋では、せっせと餃子の皮を包んだり、春巻きをあげたり。

テキパキ テキパキ。 アッツアツ!

蓮の実とアーモンドも窓辺で仲良く出番待ち。

さあ!と飛び出した春節メニューは

棗バター・スパイスの効いた南京のマリネ・高菜と豚肉餅入り揚げ春巻き・菜巻き・プリプリ海老と蓮根の水餃子!

皆さん、笑顔とおしゃべりとピンクのほっぺ!

水餃子の中にはひとつだけ、銀杏の実が入ったフォーチュン餃子が混ざっています。

見事、フォーチュン餃子を引き当てた方には

フォーチュン・プレゼント!

フェルトで作った餃子のペンダント、桃まんじゅうのリングです!フェルトWSの講師でもある松尾3姉妹の末っ子が東京から送ってくれました。

デザートには、箕面のゆずジャムをたっぷりかけて

蒙山甘露、赤ちゃんの新芽うぶ毛がたっぷりの新鮮な緑茶といただきました。

皆さんの笑顔が嬉しくて、とっても幸せな気持ちになりました。

ありがとうございました!

こどもアトリエ 革かばん

革かばんWSのoutes & imutamさんに革をいただきました!

これを生かして、「子どもたちが自分で作って、使えるかばんWS」をデザインしました。

腰のベルト通しに引っかけてウェストポーチになります。後から肩紐を通してもらうことも可能です。

2月・3月ゆっくり集中して作っていきたいと思います~。

 

今日は、そのプロセス (予定) をご案内します~。 

●1日目●  ~針と糸を使ってみる~ 「縫うことに触れる」

編み物のとじ針を使って、いつもの画用紙にプスプス穴をあけながら針と糸で絵を描きます。

 

●2日目● ~針と糸を使ってみる~ 「つなげる」

  

糊ではないものでくっつけることを体験します。

どんどんつなげて、未知なるカタチに~。どんなカタチができていくのか楽しみ!

 

●3日目● ~紙でかばんを作ってみる~ 「構造を理解する」

 

紙で作る箱づくり。ぺったんこの色画用紙が立体に。

構造を理解することに的を絞るため、ここでは糊を使います。

 

●4日目● ~ 素材に触れる~ 「革かばん作り」

 

いよいよ、革に触れます。

実際に使えるものができたら、きっと嬉しいだろうな~。。。

糸は、布を裂いたリボンを使って、ザクザク縫います。糸を穴から引き抜くのに力がいるので、針は使わず、先をテープでとがらす予定です。

どんな革かばんが出来上がるでしょう? 

楽しみ~!

 4月からは3歳~就学前の子どもたちのためのおやこアトリエもスタートします。

Home > Archives > 2010-02

Search
Feeds
Meta

Return to page top